オホーツク マジカルフライト 体験レポート

オホーツク マジカルフライト オホーツク マジカルフライト モニターツアーに参加いただいた方の旅の感想をお伝えします。

モニターの方:
ゆずみつさん+小ゆずちゃん
参加ツアー:
<HIS>
春感グルメ旅 オホーツク産"流氷海明け毛ガニ"を食らう旬の味覚!たべごろオホーツク(2日間)

①観光した主な場所

1日目:氷紋の駅、紋別港、出塚水産
2日目:カニの爪オブジェ、流氷科学センター「GIZA」、とっかりセンター、海洋交流館、オホーツクタワー

氷の水族館
流氷科学センター「GIZA」氷の水族館
クリオネ
流氷科学センター「GIZA」クリオネ

※各観光施設の詳細情報は、各Webサイトを参照ください。

流氷科学センター オホーツクとっかりセンター 海洋交流館(ガリンコ号ステーション) オホーツクタワー

②マジカルフライトに乗ってみて

羽田←→オホーツク紋別空港のANA直行便の感想
マジカルフライト

2時間ほど、ひと眠りすれば着いてしまうので、北海道を身近に感じました。
帰りの便が低気圧の影響で、オホーツク紋別空港までこれないかも?と空港で言われ、女満別空港などから振り替えor翌日になるのかな?とドキドキしましたが、無事到着&羽田空港まで帰れました。
子ども連れ&長距離バスが苦手なので振り替えは無理、延泊かな…と思ってましたが、やっぱり一番は家なので帰れて良かったです。1日1往復なので、欠航した時がちょっと辛いかな?と思いました。
帰りは天気が悪かったので、空港で食事をしてお土産を買ってゆっくりしようと思ったのですが、レストランが休み明けにオープン(つまりまだやっていない)で、お弁当も売っていなかったので、パンを買ってどうにかしのぎました。

③オホーツク産“流氷海明け毛がに”を食べてみての感想

ツアーの食事は失敗することが多いのですが、流氷海明け毛ガニは最高級品で、身がしっかりと詰まり、甘みがあり、大好物のミソもたっぷり!一人1杯は贅沢の極みでした。
娘はカニ・エビが大好物!レストランのお姉さんに身を全部ほぐしてもらって食べるだけの状態に。
プロはやっぱり盛り付けも美しいです。

流氷海明け毛ガニ
流氷海明け毛ガニ

④「オホー使い」との出会い

オホーツクで出会った地元の人との印象に残った交流など
アザラシ「けんじさん」

とっかりセンターのアザラシ「けんじさん」に娘は2回も蹴られました。
ホテルでも観光地でもどこへ行っても、スタッフの皆さんがニコニコで、親切した。
子ども連れなのでどうしてもモタモタと行動をしてしまうのですが、ゆっくり待ってくれたり、一緒に手伝ってくれたり。
レストランで毛ガニの身をほぐしてくれたスタッフさんが一番大変だったかな?と思います。

⑤ココがマジック!

印象に残った場所、グルメ、出来事など

流氷海明け毛ガニと一緒に出していただいたニシンの塩焼きがとてもおいしかったです。
小骨が多い魚&高級魚なので家で食べる機会がなく、ふんわりした焼き加減、やさしい味わい、ニシンが大好きになりました!
ランチを食べ損ねて「出塚水産」のかまぼこが遅めのランチになりましたが、揚げたてのかまぼこはホテルの部屋に持ち帰っても熱々。逆にお昼ごはんを食べ損ねてよかったのかも?と思いました。(紋太クーポンも使えました)
北海道ローカルチェーンコンビニ「セイコーマート」は北海道限定品の宝庫。
こちらもまたホテルの部屋に買い込んで楽しめました。

「出塚水産」のかまぼこ
「出塚水産」のかまぼこ

⑥おすすめ!オホーツク界の旅

お勧めしたいスポットやグルメ、次回はこんな旅行をしてみたい

今回は流氷海明けだったので、観光地に行ってもほぼ貸し切り状態。やっぱり流氷海をガリンコ号でつき進んでみたいです。
かまぼこ工場は予約をすれば体験もできるし、夏はガリンコ号で釣り体験もできるので、夏に遊びに行ってもいろいろ体験できると思いました。
市内中心でまち歩きをしましたが、今度は家族でパパ運転のレンタカーで遠出をしてもいいかなと思いました。(パパはお留守番でした)

紋別市の観光スポットを効率良く周れるモデルコースをご紹介しています。

まちあるきコース レンタカーコース

※本モニターレポートは、モニター体験いただいた方がお寄せいただいたアンケートに一部編集を加えさせていただいております。

トップページに戻るレポートの扉ページへ戻る